カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
  

      

 (クレジットカードの利用限度額は、10万円までです

5614 太陽ルチルPT 



こちらは、ゴールドルチルクォーツのペンダントトップです。
黒いヘマタイトから六方向に濃い金色のルチルが伸びています。
完璧な太陽ルチルです。
ここまでの太陽ルチルは、超激レアです。

これが天然そのものであれば、100万円近くするかもしれません。
なにしろこんなに形が整った太陽ルチルは、ほとんどないですから。
残念ながら、これは完全ナチュラルではありません。
太陽ルチルの部分と水晶の部分を貼り合わせたものです。
たぶん水晶部分が美しくなかったのでしょう。
それで太陽ルチルの部分だけを残して、その上に別の美しい水晶を貼り合わせて作られたものです。

偽物?
ではありません。
なぜなら、太陽ルチルも水晶も本物だからです。
ただ元々が一個のものではなく、別々の二つのものを貼り合わせて作られた合体の太陽ルチルクォーツということです。
しかし、例え合体でも、ここまで美しい太陽ルチルはレアです。
なにしろ完璧ですから。
そういう意味で、それなりの価格になっています。

これが貼り合わせであることがわかる人は、たぶんほとんどいないと思います。
ペンダントトップに加工されてしまうと、プロでも見分けるのは至難の業です。
一般の方では、100%不可能です。
枠を外すと、合体であることがわかります。
枠は、シルバー925の上から18金でメッキしたものです。

最初は、貼り合わせとか扱うつもりはありませんでした。
鼻でバカにしていました。
ところが・・・
実物を見てビックリしました。
あまりにも美しいのです。
それで方針を転換しました。

写真は、あまりきれいに撮れていません。
実物は、写真より何倍もきれいです。
感動の美しさです。
なにしろ完璧バージョンですから。

横26ミリ、厚さ14ミリ、縦20ミリ、重さ11グラム。

5614 太陽ルチルPT 

通常価格:
122,000円(税込)
価格:

43,100円 (税込)   <64%OFF>

購入数:

在庫

1個

[ゴールドルチルクォーツについて]

和名は、金針水晶、金線水晶、金紅石入り水晶など。

ルチルとは、二酸化チタンの結晶の一つで、日本名は金紅石。
ルチルは強い磁気を持っており、水晶に内包されることにより水晶のパワーを増幅させます。
ゴールドルチルクォーツは、普通の水晶よりも遥かに強力なパワーを持ちます。
キング・オブ・パワーストーンと言われるほどです。

ヨーロッパでは、「ヴィーナスの髪の毛」や「キューピットの矢」とも呼ばれます。
恋のキューピットとして、幸運な恋を運んできます。
恋愛成就や良縁をサポートします。
また、女性的魅力を引き出してくれるとも言われます。

一般的には、最高の金運アップのパワーストーンと称されます。
水晶に「金線」が入ることから、「金銭」が入る金運の石とされたようです。
実際、金針が入った水晶は、その波動によって金を呼び寄せるとも言われます。
成功へ導く石としても有名です。

スピリチュアル的には、水晶の中のルチルは宇宙からのエネルギーを受信するアンテナとなります。
霊性に働きかけ、本来のスピリチュアルな自己の確立をサポートします。
宇宙の叡智とコンタクトすることにより、宇宙の真理に気づけるようになります。
その強力なパワーでネガティブなエネルギーから守ってくれます。

ルチルのアンテナは、直観力、洞察力、インスピレーションを高めます。
その結果、真実を見分ける力、本質を見抜く目、冷静で的確な判断力や決断力が育ちます。
集中力が高まり、感性が研ぎ澄まされ、潜在能力が目覚めます。
それにより、自信=自己信頼が強まります。

この世的には、勘が鋭くなり、投機や経営などの役に立ちます。
ギャンブル運もアップします。
斬新なアイデアが生まれ、創作活動も活発になります。
また、コミュニケーションもスムーズにいきます。

風水では、ゴールドルチルクォーツは「火」です。
最も陽性です。
そのため、高めたり、強めたりする作用があります。
刺激、活性化、情熱、活気、行動力、元気、向上心・・・

物事を前向きに捉え、生きる力をサポートします。
前進したい時、壁を打破したい時に役に立つでしょう。
行動力や勝負強さをもたらします。
金運、財運、仕事運、成功運、家族運が向上します。

生命エネルギーを強め、体力、気力、性エネルギーを高めます。
その結果、積極的になり、魅力的になります。
強い浄化作用もあります。
全身の毒素を洗い流し、健康な体を保ちます。

ゴールドルチルクォーツは、なにしろパワフルです。
いつも身に付けておくと、効果が最大限に発揮されます。
周囲に影響力を及ぼしたい時には、右手に。
自身にパワーを充電したい時には、左手に。

ページトップへ