カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
  

      

 (クレジットカードの利用限度額は、10万円までです

5952 アレキサンドライト・ペンダント 



こちらは、アレキサンドライトのペンダントです。
18Kホワイトゴールドの十字架の中心にアレキサンドライトが入っています。
このアレキサンドライトは、0.365カラットです。
十字架の周囲には、46個のブラックダイヤモンドが埋め込まれています。
ブラックダイヤモンドは、全部で0.55カラットです。
チェーンも18Kホワイトゴールドです。
表裏ともきれいですので、リバーシブルで使えるでしょう。

アレキサンドライトは、1833年にロシアのウラル地方のエメラルド鉱山で発見されました。
クリソベリル(金緑石)という鉱物の変種です。
この石がロシア皇帝に献上された日が皇太子(アレクサンドル2世)の誕生日であったことからアレキサンドライトと命名されたようです。
6月の誕生石の一つです。

太陽光の下では青緑色、白熱電球やロウソクの下では赤色に見えます。
光源によって色が変色するのが特徴です。
この性質は、カラーチェンジ、アレキサンドライト効果などと呼ばれます。
この色の変化が見られないものは、どんなに美しいクリソベリルであってもアレキサンドライトとは認められません。
この性質故に、「昼のエメラルド、夜のルビー」と呼ばれます。
エメラルドの持つ癒やしと叡智、ルビーの持つ生命力とパワーを併せ持ちます。

アレキサンドライトは、ほとんどが宝石となります。
しかも、希少性が高いため極めて高価です。
ダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、エメラルドとアレキサンドライトで、五大宝石と数えられます。
最近は、人工的に作られたものも多く流通しています。
そのため、鑑別を依頼しました。
このアレキサンドライトは、天然ものです。
(口答鑑別メモが同封されます)

パワーストーン系のショップで天然のアレキサンドライトを販売しているところは、ほとんどありません。
それほどレアで高価なものです。
なんとなく十字架上のキリストを連想させるアレキサンドライトのペンダントです。
非常に気品に満ちています。
ブラックダイヤモンドや18Kホワイトゴールドをふんだんに使ったゴージャスな作りです。
にもかかわらず、高貴で清楚な雰囲気のアレキサンドライトのペンダントです。

横18.6ミリ、縦26ミリ、厚み3.5ミリ、重さ11.3グラム。
チェーンの長さ約50センチ。

5952 アレキサンドライト・ペンダント 

価格:

211,000円 (税込)

購入数:

在庫

在庫切れ

ページトップへ