カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
  

      

 毎回3%分ポイント加算 (カード払は1%)

初めての方には、すてきなプレゼント!

(クレジットカードの利用限度額は、10万円までです

毎日、夜の9時前後に新しいものをアップしています!

5990 ゴールドルチル(14.0ミリ)



こちらは、ゴールドルチルクォーツの14.0ミリ玉のブレスレットです。
水晶の中が、ほぼルチルで埋め尽くされています。
水晶が透明かどうかさえ、わからないくらいです。
たぶん超透明だと思います。
それだけでなく、ノークラック、ノーミストでしょう。

まるでゴールドルチルそのもののようなブレスレットです。
ルチルの色も、この上なく美しい黄金色です。
非の打ち所がないクオリティです。
間違いなく最高級のゴールドルチルクォーツのブレスレットでしょう。

ゴールドルチルクォーツは、ブラジルでの環境保護のために産出が減っています。
逆に、中国では富裕層が増え、資産として購入されています。
そのため、価格は上がる一方です。
これからも上がることはあっても、下がることは期待できません。
これからも値上がりが見込まれるため、早め早めに手当てするしかない感じです。
逆に言うと、持ってさえいれば自然に値上がりするとも言えます。

14.0ミリ玉となっていますが、実際は13.8〜14.3ミリほどです。
ほぼ似たようなサイズの玉が並んでいます。
内周が大きいため、男性でも着用できます。
極めて美しいので、女性でも着用可能です。
ここまでゴージャスなゴールドルチルは、あまり見かけません。
最近は、このようなタイプが人気があると卸業者が話していました。
圧倒的な存在感の黄金色に輝くゴールドルチルクォーツの14.0ミリ玉のブレスレットです。

内周は、183ミリほど。
リサイズは、小さくすることだけ可能です。
リサイズご希望の方は、通信欄にサイズをご記入ください。
64グラム。

5990 ゴールドルチル(14.0ミリ)

価格:

888,000円 (税込)

購入数:

在庫

在庫切れ

[ゴールドルチルクォーツについて]

和名は、金針水晶、金線水晶、金紅石入り水晶など。

ルチルとは、二酸化チタンの結晶の一つで、日本名は金紅石。
ルチルは強い磁気を持っており、水晶に内包されることにより水晶のパワーを増幅させます。
ゴールドルチルクォーツは、普通の水晶よりも遥かに強力なパワーを持ちます。
キング・オブ・パワーストーンと言われるほどです。

ヨーロッパでは、「ヴィーナスの髪の毛」や「キューピットの矢」とも呼ばれます。
恋のキューピットとして、幸運な恋を運んできます。
恋愛成就や良縁をサポートします。
また、女性的魅力を引き出してくれるとも言われます。

一般的には、最高の金運アップのパワーストーンと称されます。
水晶に「金線」が入ることから、「金銭」が入る金運の石とされたようです。
実際、金針が入った水晶は、その波動によって金を呼び寄せるとも言われます。
成功へ導く石としても有名です。

スピリチュアル的には、水晶の中のルチルは宇宙からのエネルギーを受信するアンテナとなります。
霊性に働きかけ、本来のスピリチュアルな自己の確立をサポートします。
宇宙の叡智とコンタクトすることにより、宇宙の真理に気づけるようになります。
その強力なパワーでネガティブなエネルギーから守ってくれます。

ルチルのアンテナは、直観力、洞察力、インスピレーションを高めます。
その結果、真実を見分ける力、本質を見抜く目、冷静で的確な判断力や決断力が育ちます。
集中力が高まり、感性が研ぎ澄まされ、潜在能力が目覚めます。
それにより、自信=自己信頼が強まります。

この世的には、勘が鋭くなり、投機や経営などの役に立ちます。
ギャンブル運もアップします。
斬新なアイデアが生まれ、創作活動も活発になります。
また、コミュニケーションもスムーズにいきます。

風水では、ゴールドルチルクォーツは「火」です。
最も陽性です。
そのため、高めたり、強めたりする作用があります。
刺激、活性化、情熱、活気、行動力、元気、向上心・・・

物事を前向きに捉え、生きる力をサポートします。
前進したい時、壁を打破したい時に役に立つでしょう。
行動力や勝負強さをもたらします。
金運、財運、仕事運、成功運、家族運が向上します。

生命エネルギーを強め、体力、気力、性エネルギーを高めます。
その結果、積極的になり、魅力的になります。
強い浄化作用もあります。
全身の毒素を洗い流し、健康な体を保ちます。

ゴールドルチルクォーツは、なにしろパワフルです。
いつも身に付けておくと、効果が最大限に発揮されます。
周囲に影響力を及ぼしたい時には、右手に。
自身にパワーを充電したい時には、左手に。

ページトップへ